Leqtique Maestro Antique Revised

Leqtique Maestro Antique Revised オープンプライス

Leqtique Maestro Antique Revised
Leqtique,,,,それはShun Nokina Design etcでの経験を元にShun Nokina氏が"Reality"を追い求め、スタートしたブランドです。SND同様のエリートコンポーネンツや、徹底的なハンドメイド構造などが特徴であり、“コストパフォーマンス”を遥かに超えた異世界を提示します。
"Maestro Antique Revised"(Aka MAR)は、Shun Nokina Designの廃盤となったMaestro Antiqueをベースに製作された、よくあるTS"系"ではなく、"TSペダル"です。
SNDエンドーサーであるGeorge Bellas氏とのMaestro Original期からの協力など、Maestroファミリーの製作経験の全てが詰め込まれたMaestroの最終形です。

TS本来のLowが削られたMidrangeyなサウンド、偏りがちなTone Control、モダンなペダルに比べ可変域の決して広くないGain Controlなど、その全てをそのままに、独自の製作アイデアにより完成されました。 
Shun Nokina Says :

各社ブランドがラインナップにTS系のペダルを含むことが多いように、TS-9が大好きな僕個人的にも
新しいブランドの設立に対してどうしても加えたいペダルでした。

今回は、Maestro Antiqueのときに参考にしたTS-9(Reissue)ではなく、初期の日本製のTS-10のサウンド
に強いインスピレーションを受けながら、Maestroシリーズに共通する“繊細さ”を前面に押し出し、
特にTube Screamerタイプの製作で特に重要となる心臓部に対して、前回試した400以上のものとも異なる
ものを使用しました。最終的に、Maestro Antiqueのサウンドが詰め込まれ、集約されたような雰囲気とは
異なる、特にハイエンドにまろやかなスムースさと金属的な鳴りの同居したユニークなボイシングに仕上がりました。

TS-9,TS-808,TS-10..... など、オリジナルなTSペダルの愛用者の方は特にもちろん、モダンなTS系のペダルに慣れ親しんだ方にも
ぜひ、そういった古い気質の僕なりの調理法を楽しんでほしいと思っています。

またLeqtique全体にも今後通じることですが、アルミ削りだしケースやPRP Resistor,OS-Con,Wonder "Signature"Solderなどの
トップグレードなモダンコンポーネンツはもちろん、Allen Bradley Resistor ,Vintage MKT Capasitorなどのいわゆる"Antique"
な空気を持ったコンポーネンツをMARには使用しています。

その他、内部にはFuturisticなコンストラクションと、SNDでのアイデアのほとんどを同居させました。そういったところも、
お楽しみいただければこの上ありません。

※ハンドメイド品なので塗装にムラや傷がある場合がございますのでご注意ください。